花娘のぼちぼち日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内国際芸術祭2010@豊島

<<   作成日時 : 2010/10/16 06:42   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

お早うございます。
段々と気温が下がってきて秋らしくなってきました。
でも、日中はまだまだお天気で気温も高い目です。

そんな中、パスポートもあるし暇だったので
連休最終日に豊島に行って来ました。



先ずは早起きから。
前日に計画したのですが
宇野港を8時35分に出るフェリーに乗ります。
そのために6時起床。

8時頃駐車場に到着したのですが
危うく駐車できないところでした。
私達がその日の朝の最終で
一台後はもう停められなかったんです。

直島に行く船が8時20分に出るとかで
出航時刻が近かったんですね。
そのため駐車場は満杯。

でも私達はギリギリセーフ。
そんなラッキーな出だしの朝でした。

車を停めたら船着場に向かいます。
人が並んでいてここも込み合っています。
乗船券も買って、列に並びます。
船も到着して、さあ乗り込みます。

画像


大正ロマン調?の和服姿の若い人も見かけました。
ちょっと金田一風ですね。
彼女達も豊島にお出掛けです。

船は太陽の光を浴びながら進みます。
穏やかな海に船の通った跡がついてゆきます。

画像


画像



船は40分程で豊島の家浦港に到着します。
島に上陸すると皆さんバスに乗り込んだり
案内所に向かったり様々。

私達は乗船券の発券所の隣にある
レンタサイクルを借りようと思いましたが
予想通り、出払ってしまっています。
自転車は諦めて徒歩とバスで島を巡ることに・・・・。

フェリーの船着場から水上タクシーなどがとまっている前を通り過ぎ
一つ目のアート作品へ。

そこは、アート作品とカフェが一体になった場所でした。
画像


ちょっと朝から目がチカチカしてしまいます。
この作品に到着した時は
お昼までまだまだだったので
次の作品へ徒歩で向かいます。


島の路地を歩いていると
おばあちゃんや子供が居て
のんびりした田舎の風景が楽しめます。
画像




立ち話をしていた島の人も挨拶してくださり
「また来てね〜。」と声を掛けてくれました。
画像



二つ目の作品は「横尾忠則さん」の作品です。
でも私にはどこがアートなのかさっぱり分かりません。
金のカメと金のカエルが縁起物のような気がして楽しかったですけどね。(o^-')b


三つ目に行くにはちょっと距離があるのでバスを待ちます。
そこに島の人が通り掛かり、車に乗せてくれました。
皆さん親切ですね。

ここは昔のガラス窓でトンネルを作っていました。
設置している場所は元幼稚園が学校のようです。

画像


ここからまた歩いて次の作品に向かいます。
こうなると、高校時代の遠足でしたスタンプラリーのようなものです。


畦道のようなところを通ったら浜辺に出ました。
主人が「キスチョコ島」と呼んでいる島が間近に見えます。
画像



今度の作品はこの浜辺に設置してあります。
画像


画像


この作品は海水の上下によって音が出るようになっています。
ちょうどホラ貝のような音色でした。


ここからバス停に向かって次の目的地までバスに乗ります。


小さい島に(面積は結構ありそうですが・・・)観光客がゾロゾロ。
バスも大型とマイクロと両方で上手い具合に対応しています。


安部良さんの作品はランチができる場所になっています。
でもここで食べるには2時間待ちです。
そんなに待っていると夕方に帰れないのでパスします。
画像



その近くの「藤浩志さん」の作品へ。
ここには外国の方がツアーでこられているようで、数人見かけました。
アメリカかどこかから来られたようです。

櫓?と言うか塔?と言うか見晴台がありました。
画像


ここからの眺めはよく。
狭くっても自分の家なら良い景色かも?と思わせます。
画像



この作品はある人の家と言う設定になっています。
窓からの眺めが気持ちよく。
綺麗なお家ならさぞ快適だろうと思わせます。
画像



お天気も良く気温も高かったので
アイスを食べながら休憩です。
ここにも外国の方がいらっしゃいます。
お店の人がカナダやアフリカからもいらっしゃると言ってました。
そんなに人気なのかなぁ〜???

寂れた田舎ならいくらでもあるのに・・・・。
日本人が南仏の田舎に憧れるようなものでしょうか?

ここまで観てきて、さっぱり良さが解りません。
浜辺に設置してあったのは音が出て良いなぁ〜とは思いましたけど・・・。

古き善き日本がここにはあるのかも知れませんね。
きっと昔懐かしい日本人の良さが残っているのかも?
そこに皆魅かれるのかも・・・・。


休憩が終わったらバスで唐櫃浜に向かいます。
ところが、バス停まで行くと
次のバスまで1時間もあります。
待っていられないので歩いて向かいます。

唐櫃浜に向かう途中にこんな素敵な景色が待っていました。
自転車で下りれば爽快なことでしょう。
画像


唐櫃についたらお昼を食べようと思いましたが
そんな場所は見当たりません。
仕方ないので、たこ焼きをほおばりお昼代わりに・・・・。

ここで観たのは蔵の中にミストを降らせて
虹を見せてくれる物でした。
これはまあまあ良かったです。

この作品を見終わったらバスで家浦まで帰ります。
フェリーまで時間があるのでゆっくりまっていたら・・・・。
またまた長い行列。

ゆっくり進んでいくと・・・・。
「はい。止まって下さい。」と言われ
「ココまでです。」と、2・3人前の人で止められ
フェリーには乗れませんでした。

画像



遠くから来られている方もいらっしゃったようで
「乗れないのは困るんです。」
「新幹線があるんです。」など口々に訴えて・・・・。

そうしていると、案内の方が
「人数を募り、水上タクシーと言う方法があります。」と仰り
フェリーに乗れなかった人たちが水上タクシーのほうへ・・・。
画像




フェリーに遅れること約20分。
水上タクシーが出発。
船長さんが頑張って時間に間に合うようにとばしてくれました。
その結果フェリーに追いつき、その上先に到着してしまいました。
画像




船長さんにお礼を申し上げて、帰途についた私達なのでした。

パチパチパチ。おしまい。



長い話にお付き合い下さりありがとうございました。

今回行った豊島の感想は
島の人達の温かさが心に残っています。
島の風景も穏やかでのんびりできます。
アートは???だったけど。笑







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
豊島のアート、息子たちは行ってみたいと言ってます。
多分、穏やかな島の暮しの中に突然現れるアートの異質な部分と融合する部分、そんなものを見たいのだと思います。
それにしても、危機一髪というところで運のいい花娘さんご夫婦でしたね^^
mint
2010/10/17 01:01
★mintさん
こんにちは。
息子さん達は興味がおありなんですね。
田舎でのんびり暮らしているので、それ程「のんびり」には飢えていないのですね。
むしろ土日は人が集中して計画的に行動しないと帰りのフェリーのようになってしまいます。
ゆっくり島巡りのついでにアートを楽しむつもりなら十分楽しいでしょう。
会期もあと少しですから可能なら息子さん達もお出掛けされてみてはいかがでしょうか?
それにしても、危機一髪、運の良い一日でした。
花娘
2010/10/17 13:58
こんばんは^^
更新されていたの気が付きませんでした・・・
瀬戸内の島が舞台の美術展は、テレビでも
取り上げられていたので、何度か見ましたが
実際に見るのは、やっぱり違うのでしょうね〜〜
でも、ちょっと理解できないのも有ったのね・・・
しかし、青い海と青い空と、暖かい
人の心は、どんなアートより勝るかも 
Kazzy
2010/10/22 17:41
★Kazzyさん
今晩は。
最近更新が少なくなっていますから・・・。
そちらではテレビでも取り上げられているんですか?こちらではそれ程宣伝などはしていないですけど・・・。口コミでしょうか?
犬島・直島・豊島と三島に行きましたが、豊島の島民の方々が一番温かかったですね。
他の島の方とは自然なふれあいは無かったですから・・・。きっと産廃問題でご苦労なされたから島がよみがえって観光客が来てくれるのが嬉しいのではないでしょうか?
島のゆっくりした時間はまるで昔懐かしい日本の代表のようなものです。
Kazzyさんの仰るとおり人の心はアートより勝るのかも知れませんね。(o^-')b
花娘
2010/10/22 22:28
何だかとても楽しそう〜。美術館のような建物の中の、見るだけのアートではなくて、自分もアートに参加できる感じ?で面白そうですね。箱根とか、美ヶ原高原よりスケールが大きくて、かなりの移動距離! カフェやレストランというのも驚き〜〜w(゜o゜)w   人気があると、やはり混雑して、お店に入れないんですねぇ。混雑したお店より、島の人とのふれあいが一番ですよね。
もひちゃん
2010/10/23 23:13
★もひちゃんさん
お早うございます。
参加と言うより自然の中で見学と言った感じでしょうか?島の風景も芸術の一部なのでしょうね。
海にあった音が出るアートはベンチもあり島でゆっくり過ごす人にとっては素敵な物でしょうね。
島の人の素朴な温かさが良いですね。
なんだか山に登った時のように皆さんお声掛けくださるんですよ。
花娘
2010/10/24 07:33
はじめまして。
散歩絵002さん経由でお邪魔しました。
瀬戸内国際芸術祭というのがあるのですね。
私は女声合唱団に所属してるのですが、縁あって全国大会に高松、そして昨年は松山まで行けることができました。
私的にも2回、計4回行ってます♪
瀬戸内の穏やかな風景を見て、とても感動するものがありました。
私は山国に住んでいますので、どうしても海への憧れは強いです。

作品は屋内じゃなく、屋外に展示してあるのですね!?面白い試みです。

長閑な島の風景、癒されました♪
ハーモニー
2010/10/24 19:26
★ハーモニーさん
今晩は。コメントありがとうございます。
来週末で終わる予定ですが
瀬戸内海の島々をメインに岡山・香川の両県で開催されているものです。
有名・無名の芸術家達が思い思いに作品を展示しています。犬島や直島は写真がNGなので観に行くしかありませんが、豊島は写真がOKだったのでブログで公開できました。
島々を巡りアートに触れながら、どれが気に入ったとか、どれが良かったとか主人と話しています。都会には無いのんびりリズムが良いのかな?
良ければまた遊びに来てくださいね。m(_ _)m
花娘
2010/10/25 22:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
瀬戸内国際芸術祭2010@豊島 花娘のぼちぼち日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる